知っておきたい注意点

curative

レビトラを使用する上で、絶対に知っておきたいことがあります。
心臓に持病を持っている方、肝臓や腎臓が悪い方、高齢の方は、レビトラの使用を勝手に自分で判断せず、必ず病院の先生に相談をして欲しいということです。
特に、狭心症の発作を抑える特効薬、ニトログリセリンを服用している方は絶対にレビトラを使用してはいけません。
血管や心臓への血流を良くする働きを持っていて、血管や心臓が悪い方にはとても頼りになる薬だと思います。
しかし、同じように血管を拡張して血流を良くするレビトラと併用することで、血圧が危険なレベルまで急激に下がってしまい、最悪の場合死を招いてしまう恐れがあります。
過去にニトログリセリンを使用しているにもかかわらず、ED治療薬を使用して亡くなった方も何人もいらっしゃいますので、併用することは禁じられています。
少しでも不安があるのなら、自分は使用しても大丈夫かどうか必ず相談に行きましょう。
また、レビトラを使用する副作用として顔のほてりや目の充血が起こります。
この他にも人によっては、頭痛、鼻づまり、動悸、視覚異常といった副作用が発症することもありますが、
基本的にはすぐに治まる一時的なものなので安心して下さいね。
注意したいのは、薬が体の中に残っている状態で車やバイクの運転、機械の操作をすることは危険ということです。
副作用にも関係しているのですが、症状が出なかったから自分は大丈夫だと思っていても、
急にめまいや頭痛が起こることがあるので、極力控えるようにしましょう。