時間に合わせて効果を出す

medicine

病院で医師の診察を受けてから処方されるのは、10mgと20mgの2種類です。
服用するのは、成人男性なら1日1回10mgです。
その量だけを見ると、1粒飲むだけで本当に効果があるの?と疑ってしまいそうですが、
レビトラの10mgは、なんとバイアグラ50mgと同じくらいのパワーがあります!
もし10mgを服用し続けても効果が得られなかったという人は、20mgに変えてみると効果があるかもしれません。
日本にあるED治療薬の中でレビトラの20mgが最も強いものとなっていますので、初めて使用する方には体への負担が大きい可能性もあります。必ず10mgから始めて下さいね。
毎日服用することも可能ではありますが、できれば飲んだ後2、3日空けてから次を飲むというほうが健康のためにはオススメです。
ほとんどの方なら、セックスのタイミングでレビトラの効果を十分に発揮させたい!と思いますよね。
レビトラを飲むのはセックスのタイミングから約1時間前に服用するのがコツです。
即効性があるので、早い人なら15分~30分ほどで効果が期待できますが、
初めて飲む場合は薬との相性もありますので、念のため早い時間にコッソリと飲んでおきましょう。
効果の持続時間は10mgは4時間、20mgは8時間ほどなので、どの程度持たせたいのか逆算して飲むのもいいと思います。
また食事の影響は受けにくいですが、脂っこい食事やカロリーの高い食事は効果を半減してしまうのでやめておいたほうがいいですよ。
ディナーでお酒を飲むこともあるでしょうが、薬の効果を考えるとなるべく控えておいたほうがベターです。